カントン包茎とはどんな症状か?

知っておきたいカントン包茎の基本知識

カントン包茎とは亀頭を露出することは可能なものの、包皮口が狭く締め付けられるような状態となり痛みを伴います。包皮が弱く無理に剥くと出血してしまったり、性行為の際に裂けて痛むなどの症状があります。

 

また、亀頭を露出することは一応できるため仮性包茎に部類されるそうですが真性包茎や仮性包茎と特に違うのは痛みが伴うことでしょう。
仮性包茎は部分的に包皮に覆われているものの自力で剥くことができ痛みはありません。真性包茎の場合、亀頭が完璧に包皮で覆われているため亀頭を露出することは困難です。

 

真性包茎同様、カントン包茎は日常生活を送るうえでネックとなります。

痛みがある分、一番厄介と言えるかもしれません。

 

何が一体怖いのか?

カントン包茎には軽度・重度とあり、とくに重度の場合は無理に皮を剥くと戻らなくなり腫れてしまう危険があります。
また炎症や感染症にかかりやすく、無理に剥いて出血した場合激痛を伴います。
一度切れると亀頭が硬くなりいっそう切れやすくなり、より症状が悪化してしまいます。
亀頭を雑に扱ってしまうと、最悪壊死してしまうこともあるようです。

 

真性包茎同様衛生面の管理が難しく、見た目も損なわれてしまうので生活の面で大きな障害となってしまいます。

カントン包茎の場合、症状が悪化してしまう前に早めの治療を受けることをおススメします。なにより痛みを伴いますので、我慢せず医師に相談しましょう。

また治療をする際には専門医のいるクリニックを受診し、適切な処置を受けられるようにすることが大切です。後悔のないよう慎重に選びましょう。

 

→詳しくはこちらの専門クリニックをご参照ください

 

カントン包茎って一体何?|切らない包茎手術・治療まとめ記事一覧

カントン包茎の治療・手術|切らない包茎手術・治療まとめ

カントン包茎の場合、皮を切る手術となります。したがって手術を受ける際には事前に術後ケアについて詳しく確認しておきましょう。手術には3つの方法があるようです。1つが亀頭直下埋没法と呼ばれる方法で、真性包茎や仮性包茎の治療にも用いられています。包茎手術の中でも一般的とされている方法です。亀頭直下埋没法で...

≫続きを読む

カントン包茎の治療のアフターケアについて|切らない包茎手術・治療まとめ

包茎手術後のケアはその方法によらず基本的に共通です。ただ回復にはそれぞれ個人差があり、ついては医師の指示を仰ぎましょう。術後すぐは出血のおそれがあるので、1〜2時間ほど病院で安静にしてなければなりませんがその日のうちに帰宅することが可能です。帰宅後もおとなしく安静にしている必要があります。包茎手術後...

≫続きを読む

カントン包茎の治療は保険適用なのか?|切らない包茎手術・治療

カントン包茎はその症状から日常生活に支障をきたすとみなし“病気”扱いとされ健康保険が適用されます。通常20万ほどの治療費がかかりますが、保険が適用されることで大体1万〜2万円程度で済ませることが可能です。しかし、保険の適用は病院の泌尿器科で治療を受けた場合に限ります。今では一般的となったカントン包茎...

≫続きを読む

カントン包茎を治したい!どこで治療するのがベスト|切らない包茎手術・治療

カントン包茎にかぎらず、包茎治療を行う際には専門的に治療を行っているクリニックに行くことをおススメします。手術慣れしていない期間は失敗がある?なぜなら、包茎手術には少なからず失敗するケースもあるからです。それは単純に医師の技量不足やヒューマンエラーによる失敗もありますが、手術の方法を選び間違えて思わ...

≫続きを読む