包茎治療・手術の基礎知識

包茎を治療しようと思っている人へ

男性の多くの方が包茎と言われています。

包茎ですがその種類によって治療が必要で治療をしないと危ない状態です。
包茎の中で真性包茎は治療をしないと性病やガンなどの大きな病気になりやすいです。
そこで包茎手術・治療をする事によってその後の生活は大きく変わります。
では包茎の手術をするとどのようにメリットがあるのでしょうか。

 

包茎手術のメリットは病気になりにくいです

真性包茎は包皮を剥けない状態で亀頭に汚れが溜まってしまいます。
この汚れの影響によって性病・炎症さらにはガンを発症する確率が高くなります。
そうならないようにする為に手術が必要なんです。

 

もうひとつのメリットは見た目が良くなる事です

包茎は包皮が亀頭に被ってしまっている状態ですので男性にとって嫌なものです。

包茎は大きな悩みですので、やはり包茎手術を行わないと解決しません。
特に真性包茎になっている方にはお勧めです。

 

ただ仮性包茎の場合は手術を必要しないと思われがちです。
しかし仮性包茎でも実は包茎手術を行ったほう良いですよ。

 

 

包茎で悩んでしまっている方にとって包茎手術は包茎を治す事が出来るようになる方法です。
なので包茎手術をして包茎を治そうとしている方が多くなっているのですが、実は包茎手術を検討している時に注意が必要としています。

 

もちろん、人によってその時期は異なりますが、一般的には10代後半から20代が適齢期と言われています。
そもそも、人間の体というのは、20歳を迎える頃には、ほぼ成長は完了状態となっているのです。
それ以降というのは体は少しずつ衰えてしまう時期になってしまうのです。
なので、成長がMAXの状態に包茎手術を行ったほうが、より効果も高くなるわけです。

 

abcクリニック

 

20代の包茎手術がベストだと言えるわけです。

ただし、これらはあくまでも適齢なだけであって、30代以上だと効果がないというわけではありません。
30代以上であっても、手術により包茎は十分に改善されるのです。

ただ、包茎手術というのは、手術をしたとしても100%完璧に改善させるとは限りません。

30代以上だと、100%の完治というのは少し難しくなるかもしれません。

 

それでも、100%の完治とまではいかなくても、日常生活に支障がない範囲であれば、十分に改善は見込めます。
もちろん、性行為も問題なく行うことができます。
なので、あまり適齢年齢のことは意識しすぎずに、包茎を改善したいと思ったのであれば、まずは医師に相談しましょう。
他に大きな持病があるなど、よほどのことがない限りは、問題なく手術を受けることができるでしょう。

 

この年代でも切らない包茎手術も軽度の場合は可能です。
包茎専門クリニックで診察を受けるのもよいでしょう。

 

 

包茎手術をする為にはクリニックで行うのですがこのクリニックによっては危なくなっています。

最近になってかなり多くなってきているのが包茎手術商法です。
この包茎手術商法は包茎手術をする時に他の手術をお勧めして手術をしたり、そしてかなり高い手術料になって過剰に請求する事です。

悪徳なクリニックも実際に多くなってきていますので、騙されないようにする為にもまずはクリニックを選ぶようにしてください。
ではどのようにしてクリニックを選んでいいのかが分からない点でもありますので、クリニックの選び方を紹介いたします。

 

危なくないクリニックを選ぶようにする為にも参考にすると良いのが口コミです。

実際に包茎手術をした方の情報になっている口コミですのでかなり参考に出来ます。
もし騙されてしまっているのならそのクリニックの悪い情報が口コミとしてネット上にのってくるようになります。
ですので悪いクリニックなら悪い情報がそして良いクリニックなら良い情報はになりますので参考になり選べるようになります。

 

悪い情報が少なくなっていればいるほどそのクリニックは良いクリニックになってくれますので安心をして手術してもらえるようになります。
包茎手術を上手くしてもらえるようにする為にもクリニックを選ぶようにする事が必要とされていてお勧めになります。
知っておきたい包茎治療・手術の知識|切らない包茎手術・治療

知っておきたい包茎治療・手術の知識|切らない包茎手術・治療記事一覧

包茎手術の流れについて|切らない包茎手術・治療

包茎の男性にとって大きな悩みになっているのですが、包茎によって悩みだけでなく危険な状態になっています。危険な状態になっているのが真性包茎そしてカントン包茎です。真性包茎の場合は包皮を剥く事が出来ない状態になっていますので清潔に出来なくなり性病そしてがんなどの病気になりやすくなっています。そしてカント...

≫続きを読む

気になる包茎の人がかかりやすい病気|切らない包茎手術・治療

日本人の2人に1人以上は包茎だと言われています。つまり、包茎でない人の方がむしろ少ないと言えるのです。仮性包茎の方は実に多いのが現状です。包茎というのは病気だというイメージがありますが、包茎そのものは病気でもなんでもありません。確かに、包茎が原因で何かしらの病気を引き起こしてしまうことはあります。例...

≫続きを読む

包茎手術では入院や通院はしなければいけない?|切らない包茎手術・治療

包茎手術に関しては、基本的に入院も通院も必要ありません。包茎手術と言っても、歯の治療と同じようなものですから、それを考えれば入院や通院の必要性は薄いと分かるでしょう。ただ、場合によっては入院が必要なこともあります。例えば、手術の際に全身麻酔を行った場合は、麻酔が切れるまでに時間がかかるので、1日程度...

≫続きを読む

包茎手術のメリットってあるの?|切らない包茎手術・治療

包茎を改善する方法としては、手術以外にも矯正器具を使用したり、あるいは意識的に皮をむいて自然に治す方法もあります。ただ、いずれの方法も確実に改善が見込めるとは限りません。むしろ、やり方を間違えてしまうと悪化してしまう可能性があります。なので、確実に包茎を改善したいのであれば、手術が1番だと言えます。...

≫続きを読む

手術の際の麻酔技術は?|切らない包茎手術・治療

包茎を治すようにする為にも包茎手術をするのですが、この時に気になるのが麻酔です。包茎手術は簡単な手術と言われているのですが、しかし立派な手術になっていますので麻酔を必要としています。これから包茎手術をしようとしている方にとってどのような麻酔をして手術をするのかが気になる所です。では切らない包茎手術の...

≫続きを読む

手術傷跡・手術痕ってどうなのか?|切らない包茎治療

真性包茎など治療を必要としている包茎になっていると手術などを必要としています。手術をすると包茎を治せるようになりますので、危険な状態になってしまっている包茎を治すようにするのが一番です。手術をするのは良いのですが、ただ気になるのが手術をすると手術跡が残ってしまうのではないかです。包茎手術に限らず手術...

≫続きを読む

包茎矯正器具って有効なの?|切らない包茎・治療

包茎の治療の中で、「矯正器具」の方法があります。手術ではなく、矯正器具で治ってしまうのは昔からいろいろな場所で販売されていたものです。しかし本当に矯正器具で治るのでしょうか?ここでは矯正器具は何?詳しく調べてみました。一体包茎はどんな状態なのか?包茎の場合、病気になってしまうので手術の治療が必要です...

≫続きを読む