仮性包茎の症状と治療

仮性包茎って?

この仮性包茎は、真性包茎と並ぶ包茎の一種ですが、その中でも比較的軽い症状のものを指しています。
通常の状態では亀頭の部分に包皮がかぶさったままになっている場合が多いのですが、勃起状態になった際には、自然に亀頭が露出して正常なペニスになる方もいます

基本的に性交渉も問題なく出来てしまうため、放置されたままの方が多いのではないでしょうか。

一見何ら問題がないように思えますが、実際には衛生的に悪く悪臭の原因になったり、早漏の原因となるなど、決して放置していいものではありません。

 

・不潔からくる病気に注意

しかも、包皮がかぶったままとなることから、細菌が繁殖してしまうケースが多く、亀頭包皮炎や陰茎ガンなどペニスに関連する病気の原因となってしまう場合もあります。
また、不潔な状態のままで女性との性交渉を行った場合、女性の体内に細菌を移してしまう場合もあり、子宮ガンや子宮頸ガンなどの原因となるとも言われています。

 

精神的にも悪影響があり、人前で裸になることが恥ずかしいと感じる方が多いため、温泉などにいくことを抵抗のあることと思ってしまったり、コンプレックスの強い方は、女性との接触を避けるようになってしまう場合まであるのです。

自分に自信が持てるようになるため、また、パートナーの安全のためにも包茎治療を検討してみられることをおすすめします。

仮性包茎の主な症状と治療|切らない包茎手術・治療まとめ記事一覧

仮性包茎の治療はどこでするのがベスト|切らない包茎手術・治療まとめ

泌尿器科では包茎手術を受ける際、保険が適用されるケースがあります。保険が適用するのとしないのではかかる治療費にかなりの差が生じ、10万〜20万ほどした治療費が1〜3万程度ですみます。が!しかし、包茎手術の中でも保険が適応されるのは真性包茎とカントン包茎のみなのです。この2つの症状は日常生活に支障をき...

≫続きを読む

仮性包茎の治療のアフターケア|切らない包茎手術・治療

軽度の仮性包茎者向けの方法で、ナチュラルピーリング法のような切らない手術もありますが、これは限られた人にしか適応しません。その他の人は必然的に包皮を切ることになるのですが、その後が重要になります。患者自身がアフターケアを怠れば、重い合併症を引き起こす危険性があるのです。手術の方法によって完治にいたる...

≫続きを読む

仮性包茎の治療費って保険が適用になる?|切らない包茎手術・治療まとめ

なぜなら、真性包茎やカントン包茎が生活に支障をきたす病気だという判断に対し、仮性包茎は病気だと考えられていないからです。仮性包茎の場合は自分で包皮を剥くことが出来ますし、亀頭が露出できないわけではありません。どちらかというと、個人的に恥ずかしいというような精神的な問題とみなされているようです。真性包...

≫続きを読む