従来の包茎治療・手術の違い

従来の包茎手術と切らない方法との大きな違い

一般的な包茎手術では余計な包皮を切除することで皮被りの状態を解消することになり、陰茎にメスを入れることから治療に対して恐怖心を持つ場合もあります。

その一方で切らない包茎手術の場合はその名の通りメスによる切開が伴わないため安心感を伴う事になるのですが、双方を比較した場合にどのような違いがあるのでしょうか。

切る手術の方に関して

切らない包茎手術

まず一般的な包茎手術では余計な包皮を切除することで包茎の根本的な治療が可能となる方法になり、一般的には危険が伴うのではないかなどのリスクを感じることもあるのです。

 

実のところ表面の皮膚を切除するだけで陰茎の内部までメスが入るわけではなく、手術としてはもっとも簡単な部類に入るのです。

 

また以前より様々な術式が開発されている中でより傷口が目立ちにくく見た目にも自然に見える術式なども開発されていますので、このあたりの説明を医師から受ければ治療は安全であり安心できるものと理解することができます。

 

注意点として

ただ一つ注意しておきたいのは技術的に確立されている術式でも、手術を行う医師の腕が確かなものかは不安が残る所になります。

現実には以前受けた手術跡を消すための再手術を行うクリニックも存在しますので、どこのクリニックどの医師の手により治療を受けるかで、後にトラブルが生じる可能性もあるのです。

 

切らない手術に関して

切らない包茎手術

その一方で切らない包茎手術の場合はメスによる切開は行わず、余計な包皮を糸で縫合するだけになりますので術式は簡単になり、安全性が極めて高い点が双方を比較した時に大きな違いとなります。

 

また一般的な包茎手術では医師により腕前により結果に大きな違い表れる事になりますが、切らない包茎手術の場合は余計な包皮を縫うだけになりますので術式の難易度は格段に下がる事になり、医師の腕前に対する不安を感じる必要はなくなります。

 

このように双方の手術を比較した場合に切らない包茎手術は安全性やリスクから費用なども含め様々な面でメリットが大きく、これから治療を考えている方にはぜひお勧めしたい手術法として挙げられます。

 

切らない包茎手術と一般の包茎治療・手術の違い