包茎クリニックの切らない包茎手術

切らない包茎手術・治療が出来るクリニック

包茎手術・治療のレベルは日進月歩で進んでいます。切らない包茎手術ができる専門クリニックが注目です。

包茎の症状にもよりますが、クリニックでカウンセリングを受けてみて「切らないで治療できるかどうか」確かめて下さい。

包茎手術・治療は日進月歩の進化を遂げています。

一昔前は手術痕がくっきり残ってしまう場合もありく、包茎手術は「ある種の勇気」が必要でした。

その後、医療技術や包茎治療の症例数・治療数が増えていき、現在の包茎手術は進化しています。

切らない包茎手術

進化した現在の包茎手術・治療

  • 陰茎の昔より目立たない場所を切る配慮
  • 麻酔も進化して痛みがほとんどない
  • 傷痕がほとんど解らない技術レベル
  • 手術治療法・縫合のレベルアップ

専門クリニックのサポートが充実

  • 男性スタッフが全て対応
  • 個人情報の保護・配慮面の強化
  • 術後フォローも対応
  • 手術料金の低下傾向

包茎専門クリニックでは症例数が多いため、実際に包茎に悩む方の心理に立って、心理面のサポートも充実しているのが現状です。

 

→無料相談・カウンセリングの詳細ページ

 

 

 

さらに技術は進化して現在は「切らない包茎手術」が可能。

切らない包茎手術

 

切らない包茎手術とは名の通り「陰茎の皮を切除しない手術」の事で包茎手術を行うか迷っているときに

  • 正直、手術痕が目立たないの?
  • 手術を行った事が他人にばれないのか?
  • 術後回復・リスクの低下

昔は切らない包茎手術という概念がなかったが、最新治療法として切らない包茎治療が可能な時代です。

 

ただ全ての包茎の症状に当てはまる訳ではありません。
包茎の症状が軽度の場合、切らなくても治療が完了する場合に限ります。

切らない包茎手術がOKか否かのボーダーラインは実際にカウンセリングや診察で先生に診てもらう必要がありますよね。

 

 

希望や要望・質問を先に全部伝えるとスムーズなのでまずはフォームから

切らないクリニック

ネットからの無料相談・カウンセリングに申し込み
  • 自分から見た包茎の症状を自分なりに書く
  • どうやって包茎を治療したいかを希望する
  • 包茎治療や手術に関する疑問や不安を書く

 

フォームに自分の希望・質問・不安などなるべく詳しく書きましょう。

 

クリニックに相談・カウンセリングを行う日を決めていきます。

先生のカウンセリング時に、陰茎の様子を見てもらい切らない治療でOKか否かの判断をしてもらいつつ、治療法を決める感じです。

 

包茎手術法では、希望と共に包茎状況に応じて「最適な術式」を「3種類」のいずれかから選択します。

  • 糸で縫合する術式
  • 包皮を被りにくくする術式
  • 薬剤で接着する術式

→詳しい情報は下記よりお願いします。

 

 

 

電話申込みよりもネット無料相談をする事をお勧めします。

 

人間は会った時に、「これを言おう」「あれを言おう」と思っても、いざその場になったら実際に100%言いたいことを話せるものではありません。

 

しかも診察やカウンセリングは先生主導で進んでしまう事も考えられるます。
事前に希望や質問をメールフォームを書いて申込むことによって、カウンセリング前に先生も知ることが出来るのでスムーズに話が出来るメリットがあります。

 

切らなくて大丈夫な場合は、もちろんOKですし、もし切らなければいけない場合はその時に決断すれば良いと思います。

 

切らない包茎手術?包茎クリニックの最新治療まとめサイト

 

 

包茎クリニックの中で「切らない包茎治療・手術」で注目です。

  • abcクリニック
  • abcクリニック

包茎手術クリニックの中でも人気急上昇。最安値3万円の包茎手術が可能。また切らない包茎手術が出来るか?をドクターに無料相談・無料カウンセリングも可能。

 

→詳しくはこちらに掲載

 

  • 東京ノーストクリニック
  • 東京ノーストクリニック

施術時間30分ほどで行える包茎手術法が採用。

「切らずに治せる治療」実際の切らない包茎手術法が本サイトに掲載。

 

→詳しくはこちらに掲載

  • 本田ヒルズタワークリニック
  • 本田ヒルズタワークリニック

「本田式切らない長茎術」として知名度の高い院長の有名包茎クリニック

包茎治療を行うと「あるサービス」が話題。

 

→詳しくはこちらに掲載

 

 

基本的な「切らない包茎手術」に関する情報

経度の場合は糸縫合

切らない包茎手術で主流は糸で縫合する術式で、軽度の症状の際に用います。
手術の方法はシンプルで、亀頭に被る余計な包皮をむいて陰茎の根本部分にまとめ、特殊な医療用ナイロン糸を用いて包皮を縫合する切らない包茎手術法です。

 

切開を伴わないことから手軽に治療を受けることが可能で、わずか10分ほどで縫合が完了。また治療後も当日からシャワーを浴びることができるなど手軽さが切らない包茎手術の大きな特徴。

 

包皮を被りにくくする術式

亀頭に包皮が被りにくい状態を作り出す方法になり、亀頭に人体に無害な物質を注入して亀頭増大の術式を行います。

 

この治療では亀頭が大きくなったことで包皮が被りにくく、亀頭が太く硬くなる作用もありますので、短小の悩みを抱える方にとっては双方の問題を解決できる一石二鳥の手術法です。

 

人体に無害で包皮の根本を接着する術式

また薬剤で接着する術式は現在の治療の主流からは外れるのですが、医療用で人体に無害の接着剤で余計な包皮を根本部分で接着する術式です。

 

余計な包皮をまとめる点で糸で縫合することと目的は同じものであり、手段が接着剤に置き換わっただけになるのですが、肌同士の接着ではそれほど長く状態を持続できるわけではなく、すぐに剥がれるため、現在ではクリニックの治療において用いられない方法です。

 

→詳しくはこちらから

 

切らない包茎手術法の主な種類

切らない包茎手術

包茎治療でより安心感がある「切らない包茎手術」を選択する方が多く、特に軽度の仮性包茎の場合は大掛かりな手術をすることも無く容易に切らない包茎手術・治療が可能です。

 

例えば東京ノーストクリニックでは例えクリック法と呼ばれる方式では余計な包皮を陰茎の根本で縫合することにより皮被りの状態を解消できます。

 

この糸で縫いつける術式は切らない包茎手術でもっともポピュラーな方法で、メスによる切除を伴わない事から身体への負担も軽減されるため、若者ばかりでなく年配で老人性包茎の状態にある方が介護を受けやすいように施術を受けるケースもあります。

 

 

続いて切らない包茎手術では、包皮ではなく亀頭にヒアルロン酸などを注射する方式で、これは陰茎を大きくする際に用いられる亀頭増大術と術式は同じです。

 

各クリニックごとに名称が変わり、ヒルズタワークリニックでは亀頭部増大固定法と呼ばれる事もあれば、それ以外の医院では亀頭増大・強化などと呼ばれますが、いずれも術式の内容は全く同一です。

そもそも亀頭増大術は主に陰茎が短小な場合に治療を施すのですが、亀頭を大きくすると包皮が根本部分で留まり亀頭を覆いつくすことがなくなりますので、包茎の治療を目的に亀頭に物質が注射されます。

注射する中身についてはコラーゲン・ヒアルロン酸・バイオアルカミド・アクアミドと様々な種類があり、いずれも身体には無害で安全性が確立されていますが、何を使うかについては各リニックで異なる場合も多くなります。

 

→切らない包茎が可能なクリニックお勧め

切らない包茎手術後の様子

切る包茎手術後の様子に少なからぬショックを受ける場合も多く、処方された鎮痛剤を服用する事で抑えられるのですが、傷口の縫い合わせた状態や腫れたり皮膚の色が変色した状態を見た時には本当に元に戻るのか心配になります。

 

一方で切らない包茎手術を受けた場合にはメスを入れ切開しませんので傷はないのですが、見た目に自然な仕上がりにならなければ不満を感じることにもなりかません。

 

・切らない包茎手術を終わった後の様子

切らない包茎手術を受けた場合は傷口は生じることがありませんので、切らない場合の手術当日に陰茎を見ても腫れたり皮膚が変色することも無く、当日から人目に触れても違和感を持たれることはありません。

切る手術と比較した場合に手術の痕跡が当日から残らない点が最大の違いになり、見た目だけでなく入浴やスポーツなどの日常生活に早期に戻れます。

元より亀頭にかぶる余計な包皮を自身の手でめくった場合は、陰茎の根本でじゃばらのように包皮がまとまる事になるのですが、このじゃばらを糸で留めるだけになりますので見た目はごく自然な印象になり、ご自身で見た目に違和感を感じないどころかパートナーが間近で見ても気が付かないことが多くなるのです。

 

・注意点があるとすれば

切らない包茎手術を受けて術後様子が落ち着いているように見えても縫い面が安定しているわけではなく、その後の生活には一定の制約が生じる事になりますので医師からの説明をしっかり聞いておかないと問題が生じます。

 

状態が安定しないうちは縫合した糸が解けたり縫い面に傷口が生じて膿むこともありますので、状態を悪化させないための制限として、入浴の制限(シャワーのみ可能)・スポーツの制限・性交渉の制限・飲酒の制限などが言い渡されます。

 

こうした制限は何日間厳守すべきか説明をメモしておき、状態が悪化しないよう注意して生活を送るよう心がけましょう。
そのうえで切らない包茎手術をご検討ください。まずはカウンセリングですね。

 

切らない包茎手術?包茎クリニックの最新治療まとめサイト

 

時代は切らない包茎治療へ。包茎クリニックではなるべく切らないで心理負担のない手術法に変換しています。手術跡・傷跡がバレるか?が肝心です。切らない包茎手術では傷跡も目立たなく他人に包茎治療を受けたことが解りません。当サイトでは切らない包茎治療を推奨しています。